令和4年度AIビジネス活用講座 開催のお知らせ

人工知能(AI)を活用して、自社や組織の課題を解決したり、
新たなサービスを創出したり、将来のありたい姿(To-Be)に向かって
一緒に考え、取り組んでみませんか?

令和4年度AIビジネス活用講座 開催のお知らせ

AI初心者大歓迎!AIを経営に取り入れるための知識やスキルを学べる3つのプログラムを開催!

今年度のAIビジネス活用講座では、高知県内の中小企業・団体の主に経営者やリーダーの方を対象に、約4か月間寄り添いながら、ともに学び、ともに考え、ともに新しい価値を創り出していく伴走型のプログラムを実施します。

以下の3つのプログラムへの参加を通して、最終的にはAIのビジネス活用知識・スキルの証明である日本ディープラーニング協会(JDLA)「G検定」と、何よりもご自身独自の「AIビジネス活用プラン」を得ることができます。

この機会に是非ご参加いただき、ともに新しい未来を創っていきましょう!

1.AI基礎&活用講座

2.AI実践ワークショップ

3.G検定チャレンジセミナー

G検定チャレンジセミナーの受講は任意です。AI基礎&活用講座AI実践ワークショップと並行して開催します。

目次
1.AI基礎&活用講座
2.AI実践ワークショップ
3.G検定チャレンジセミナー
お申し込みフォーム
よくあるお問い合わせ
注意事項
お問い合わせフォーム

高知県AIビジネス活用講座_事前説明会(プログラム説明部分抜粋)

事前説明会の録画映像はこちらから!

各プログラム共通事項

申し込み期限

8月25日(木)

対象者

高知県内の中小企業・団体の主に経営者やリーダーの方
*講座を通じて考えた活用プランを実行に移せる意思決定者の立場にある方の受講を想定しています。
1つの法人から複数名での参加も可能です。

定員

30名(1つの法人から複数名での受講も可能ですが、お申込みは個別にお願いします。なお、AI実践ワークショップの際は、同じ法人の方々にチームを組んでいただく予定です。)

受講料

30,000円(教科書代、オンライン講座料等全て含みます)
*講座開講前に高知県から送付する「納入通知書」にてお振込み願います。
*「G検定」を受験される場合、受験料は別途自己負担となります。

持参物

各自PCをご準備ください。(スペック要件は特にありません。ブラウザはGoogle Chromeを利用します。)

会場

高知市内の会議室を予定しています。
*新型コロナウィルス感染症の状況により、オンライン開催となる可能性もあります。

1.AI基礎&活用講座

「AIでできること、できないこと」、「AIの企画・導入プロセス」等のAI基礎について、「G検定」関連教材も参考にしながらご紹介します。また、実際の導入に向けて各種ツールの説明を行うほか、他の地域での活用事例について、実際に取り組んでいる関係者を講師に招き、自らに落としこんで考えていただくきっかけにします。

カリキュラム

■DAY1:8月26日(金)15:00〜18:00
ビジネスパーソンのための人工知能基礎
・人工知能とは?
・人工知能をめぐる動向
・代表的な手法(教師あり学習、教師なし学習、強化学習)
・ディープラーニングでできること
・DXの中のAI

DAY2:8月31日(水)15:00〜18:00
高知県で活用できる!AI実装事例講座①
・AI導入の基本プロセス
・活用タイプ別AI
・AIの作り方
・各種AIツールの紹介と特徴・強みについて
・活用事例紹介①

■DAY3:9月5日(月)15:00〜18:00
高知県で活用できる!AI実装事例講座②
・活用事例紹介②
・活用事例紹介③
・DAY1からDAY3までのまとめ

2.AI実践ワークショップ

自社におけるAI活用のアイディア出しと実データを用いた実装体験に向けて、AI inside 高橋氏をメイン講師に招聘し、ハンズオン形式のワークショップを開催します。独自の「AIテーマ選定フレームワーク」を用いて、自社課題の洗い出しやAI/データ活用のシナリオを整理、実際に自社データとツールを用いてモデル実装までを体験していただきます。

カリキュラム

■DAY 1:9月15日(木)15:00〜18:00
フレームワーク実習
・イントロダクション
・現状分析と課題設定
・データの理解
・課題解決の方向性
・AI構築の検討
・効果測定

■DAY2:9月22日(木)15:00〜18:00
AIフレームワーク発表
・DAY1ふりかえり
・全体発表
・チームフィードバック
・個別フィードバック
・ブラッシュアップ
・AIツール説明

■DAY3:9月29日(木)15:00〜18:00
■DAY4:11月10日(木)15:00〜18:00

データ収集&モデリング
・データ収集と整形
・モデリング
・メンタリング&ブラッシュアップ
*DAY 3と4の間で個別メンタリングを行います。

■DAY5:11月24日(木)15:00〜18:00
最終発表会
・最終発表
・フィードバック

3.G検定チャレンジセミナー

11月5日のJDLA「G検定」の合格を目指して、早いタイミングから試験を見据えた学習を開始するほか、試験前1か月間を集中学習期間に設定し、リアルとオンラインでのハイブリッド型の講義受講、本番を見据えた約1,000題のオンライン問題集での練習を積み重ね、zero to one独自の「G検定オンライン模試」と「G検定直前勉強会」の提供により合格を全力サポートします。

カリキュラム

■DAY 1:8月26日(金)
「人工知能基礎」オンライン学習開始


■DAY 2:10月5日(水)15:00〜18:00
G検定チャレンジセミナー講義編

・「人工知能基礎」復習
・「G検定」対策のポイント
・今後の学習に向けてアドバイス
・「G検定実践トレーニング」オンライン学習開始

■DAY 3:10月12日(水)8:00〜23:00の間の1時間(各自)
G検定対策オンライン模擬試験


■DAY 4:10月20日(木)18:00〜19:00
G検定対策オンライン直前勉強会


■DAY 5:11月5日(土)
G検定試験日


■オンライン講座(以下2つの教材を受講)
【各教材の概要】
「人工知能基礎」
「人工知能」の基礎を学びたい方々に向けて、人工知能の歴史も含めた基本知識から、知識表現、自然言語処理といった概念、さらには機械学習やディープラーニングについての基本知識まで、幅広く「基礎」を抑えていただけるビデオ教材です。
→詳しくは、 zero to one サイトをご確認ください。

「G検定実践トレーニング」
「G検定」の出題範囲を網羅し、練習問題に特化したコースです(練習問題と解答・解説のみでビデオ教材ではありません)。本番と同様の多肢選択式の練習問題を、約1000題取り揃えています。単元ごとに分かれた練習問題と、本番を想定して作られた模擬試験を繰り返し解くことで確かな実力を養成します。オンライン環境で、スキマ時間の学習も可能です。
→詳しくは、 zero to one サイトをご確認ください。

※G検定の受験は任意です。

講師&メンター陣

竹川隆司(株式会社zero to one 代表取締役CEO)

野村證券にて国内、海外(ロンドン)勤務等を経て、2011年より米国ニューヨークにてAsahi Net International, Inc.を設立。同社代表取締役として、高等教育機関向け教育支援システム事業のグローバル化を推進。
2014年よりインパクトジャパンにて、東北での起業家育成・支援プロジェクトを主導、仙台市にイノベーションセンターを設立。2016年、同センターにzero to oneを設立。東北大学特任准教授、日本ディープラーニング協会人材育成委員など兼務。2006年ハーバード大経営学修士(MBA)。


高橋蔵人(AI inside 株式会社 VP of Strategic Consulting Unit)

外資系コンサルティング会社にて、内部統制や全社的リスク管理体制の構築・評価支援、マネーロンダリング管理体制構築支援、企業不正リスク評価などのコンサルティング業務に携わる。金融機関、ヘルスケア企業、総合商社等、多様な業種の業務・財務プロセスの内部監査にも従事。
その後、70年続く伝統企業の取締役 経営企画事業部長として、戦略策定と実行に従事した後、 aiforce solutionsの立ち上げに参画。現在はAI活用のコンサルティングや大学や企業のAI「活用」人材育成の教育講師を務め、2000名以上のAI活用人材を育成。


西川 智章(AI Inside 株式会社 Strategic Consulting Unit VP 兼 AMATERAS Unit VP)

PwCコンサルティングやAIベンチャーにて主に日本並びに東南アジア地域の金融、製造、農業インダストリー向けにAIビジネスコンサルティングやビックデータ解析サービス、先端技術を活用したビジネスモデルの構想・計画策定などを支援。これまで、事業会社等にて中国事業の立ち上げ、ビックデータ事業部の立ち上げ、AI事業の立ち上げなどに従事。
米国公認会計士(ワシントン州)、人工知能イニシアティブ会員、データサイエンティスト協会会員。


布施 健太郎(株式会社On And On 代表取締役社長)

東北大学卒業。技術者人材派遣会社にて日中で勤務。
特に中国では事業立ち上げから従事し、現地 駐在で事業を推進。その後独立してAI含めた技術系人材育成のための研修企画、講師派遣等を行うOn And Onを創業。
zero to oneとは2018年より業務提携し、E資格、G検定対策講座の共同開催やサポートなどを提供。 これまでに個人で「G検定」に6回連続で合格中(英語版含む)。

ゲスト

全国各地より、AI活用の先駆者たちをお招きして、事例紹介と質疑応答の時間を設けさせていただきます。

小田島春樹様
有限会社ゑびや 代表取締役社長

(三重県伊勢市 )
津田祐樹様
株式会社フィッシャーマン・
ジャパン・マーケティング 
代表取締役社長

(宮城県石巻市)
津田健太様
新興窯業株式会社 代表取締役

(岐阜県土岐市)
櫻井敏明様
合同会社SORAサクライ 代表社員

(愛知県名古屋市)

監修(人工知能基礎)

松尾 豊 (東京大学大学院 工学系研究科 教授)

東京大学大学院工学系研究科教授。東京大学工学部電子情報工学科卒業。同大学院博士課程修了。博士(工学)。専門分野は、人工知能、ウェブマイニング、ビッグデータ分析、ディープラーニング。
「人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの」(角川EPUB選書)等の著書、「よくわかる人工知能」(KADOKAWA/中経出版)等の監修など多数。

よくあるお問い合わせ

Q. 3つのプログラム全てに参加する必要があるのですか?
A. 「AI基礎&活用講座」「AI実践ワークショップ」への参加は必須、「G検定チャレンジセミナー」への参加は任意です。

Q. 今後、新型コロナウイルス感染拡大の場合、会場変更などの対応はありますか?
A. 受講者および関係者の皆さまの健康・安全面を第一に考慮し、会場の変更や開催方法の変更(オンライン講座へ変更)などの対応を検討します。

Q. どのように受講料を支払えばよいですか?
A. 受講申込後、高知県から納入通知書を発送しますので、8月26日(金)までに受講料を納付してください。なお、納入通知書に記載された金融機関の窓口で支払う場合は、振込手数料はかかりません。

注意事項

  • 上記スケジュールや講師陣は6月20日時点の予定です。今後修正の可能性がございますので、あらかじめご了承ください。最新情報は本ホームページをご確認ください。
  • オフライン講座参加当日は、必ず検温した上でご参加ください。発熱があった方は速やかに運営事務局へお知らせください。
  • のどの痛み、咳などの風邪の症状や嗅覚(におい)、味覚(あじ)の低下といった症状のある方、発熱、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方はオフライン講座にご参加いただけません。必ず事前に運営事務局へご連絡ください。
  • 14日以内に新型コロナウイルスの患者やその疑いがある患者(同居者・職場内での発熱含む)との接触歴がある方、海外から帰国(入国)後14日以内の方(およびそれらの方と家庭や職場内等で接触歴がある方)も必ず事前に運営事務局へご連絡ください。
  • オフライン講座受講中は常にマスク着用をお願いいたします。
  • 定員を超えて申込みがあった場合は、応募状況に合わせて調整させていただく場合があります。
  • 申込にあたっては「会社からの推薦状(又はこれに相当するもの)」をご提出いただく場合があります。

お問い合わせフォーム

講座に関するお問合せは、専用フォームよりお願いします。

■主催:高知県
■運営事務局:株式会社zero to one