「Issue+Tech@Kochi2021」中高生向けプログラミング体験会

2021年8月28日(土)、29日(日)、9月4日(土)、5日(日)の4日間、中高生向けのプログラミング体験会が開催されました。本来は、高知県安芸市、四万十市で開催する予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大にともない、急遽オンラインでの開催となりました。

プログラミング体験会は、「Issue+Tech2021@Kochi」講座を受講している大学生・専門学校生(学生メンター)が、初めてプログラミングを学ぶ中高生をサポートして、ホームページ、掲示板、チャットボットを作成する内容となっています。

プログラミング体験 ~事前学習~

講座は、全体でのオンライン出欠確認を行った後に、各制作コースに分かれて行われました。最初に学生メンターも含め自己紹介を行い、趣味やマイブームを共有してお互いを知ることからスタートしました。自己紹介が終了すると、画面共有を行いながら開発環境構築を全員で進めていきます。慣れない作業でつまずく方もいましたが、講師がフォローしながら進みました。

環境構築完了後は、午後から始まる実践に備えて、PHP、Python、HTML+CSSの各コードの説明を、講師が実装しながら進めていきます。説明を受けた中高生に現時点での感想を聞くと「大学でプログラミングを学ぶ予定なので、掲示板がさまざまな言語でできていたんだと知ってびっくりしました」「前からプログラミングに興味があったが、改めて説明を受けて、難しそうだなと思いました」と初めて知るプログラミングコードに驚きの表情でした。

プログラミング体験 ~実践・演習~

ここまで学んできたプログラミングコードを用いて、いよいよ「ホームページ作成」「掲示板作成」「チャットボット作成」に取り組んでいきます。

ホームページ作成コース

ホームページ作成コースは、画面に指定の写真を表示させるためのコードを自分で考えながら入力していくことからスタートしました。画面に指定の写真を表示させるためのコードを自分で考えて入力したり、外部へのリンクのタグを入力したりしながら進みました。中高生からは「慣れるまで難しい」という声がありましたが、中高生の理解力は、講師も学生メンターも驚くほどで、予定よりも早く課題が終了しました。

掲示板作成コース

掲示板作成コースは、エラー表示の原因を見つけて修正する演習からスタートしました。「掲示板に投稿したときに表示される時間が合っていない」などの課題が発生し、エラー原因がわからず、少し苦戦する場面もありましたが、学生メンターからヒントをもらいながらチャレンジしていき、最終的に課題を全てクリアし、自分たちの手で掲示板を完成することができました。

チャットボット制作コース

チャットボット制作コースは、チャット上にテキストを表示するコードを入力する課題からスタートしました。まずは自分側のチャットにテキストを表示する演習をすすめ、その後相手側のチャットにテキストを表示する演習に取り組みました。 中高生は入力後にチャットの更新ボタンを押してテキストが反映されたかを確認しながら慎重に進めていきます。 最後の演習では、チャットに入力すると「Not Found」と表示される原因を、みんなの考えをまとめながら突き詰めていきました。学生メンターのサポートもあり、最終的には簡易なチャットボットを完成することができました。

エンディング

全コース、すべての演習を終えてホームページ、掲示板、チャットボットを作成することができました。講座の最後に、中高生の感想や講師・学生メンターへの質問の時間が設けられました。「ゲームを作れるようになりたい」「なぜプログラマーになろうと思ったんですか?」「実際にどんなものを作っているのですか?」「Webサイトを作成するときにはどんな言語を使っていますか?」と次々に質問が寄せられました。また、「プログラミングを学ぶ良いきっかけになった。エラーが起こる原因が知れてよかった」「Pythonに触れてみて実際に動作できる楽しさを知れた」「これを機にプログラミングをもっと学びたい」という感想も多く、講師からは「世の中のデジタル世界は今日皆さんが学んだことを基本につくられています。自分が好きなものとITが組み合わさることがあると思うので楽しんで学んでください」と中高生へメッセージが送られ講座が終了しました。

中高生がオンライン講座から退出した後に、学生メンターとのミーティングを実施しました。いつも教わる立場の学生メンターは、今回教える立場として参加し、難しさや楽しさを感じたようでした。「苦戦したところもあったが、自分自身の理解度を問われる場面もあったので良い経験になりました」「参加した中高生の理解が早くて助かりました。これを機にプログラミングの勉強を頑張ってもらいたいです」「オンラインで教えることに不安があったが、問題なくでき嬉しかった。またこういった機会があれば参加したいです」との声がありました。講師からは、「この短期間で人にこれだけ教えることは凄いことです。この経験を自信につなげて頑張ってください」と学生を応援する言葉が贈られ、プログラミング体験会全体が終了しました。